2020/09/26

9月度評価損益ランキングワースト10

9月ももう終わりですね。ということで、恒例の評価損益ランキングです。
今月のワースト10はこちら。
1.ユニプレス -42.53%(前回3位↑)
2.パレモ -36.51%(前回4位↑)
3.ニコン☆ -26.54%
4.キャノン☆ -22.18%
5.シンクロフード -20.57%(前回7位↑)
6.エイチワン -20.14%(前回5位↓)
7.ニッセイGリート(SBI特定) -19.17%
8.Jパワー☆ -18.56%(前回6位↓)
9.ヤマハ発 -17.6%
10.ムゲンE -15.93%
(☆は1株保有)

河西工業とFPGを損切りしたので、ユニプレス・パレモが繰り上がりワンツーフィニッシュ。この2社とシンクロフード・ヤマハ発は損切り候補ですね。
続く3位4位はニコン・キャノンとデジカメ界の双璧がランクイン。保有していませんが、オリンパスのデジカメ撤退のニュースには驚きました。
度々登場するニッセイGリート(SBI特定口座)は2019年積み立て分で平均取得価格は15,602円。現在積み立ててる楽天特定口座の13,359円との差がなかなか埋まりません。
ムゲンEは、8月に入って業績予想と配当予想を取り下げました。中古不動産市場の営業停滞が想定以上に長期化しているようです。
関連記事

コメント

非公開コメント